年を越す時に自分の姿を見てはならない

4pt   2017-08-11 02:00
2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

213 :本当にあった怖い名無し:2013/02/11(月) 23:18:24.67 ID:c/3apnkc0実家の風習?というか慣習なんですが、『年を越す時に自分の姿を見てはならない』というのがあります。 鏡はもちろん、水に映った姿も、例えば塗りのお盆に自分の姿が映ったものでもいけないらしいです。 『見てはいけない』というのはよくある話なのですが、映った姿は死ぬ時の姿なので見てはいけないそうです。 だから実家では、年越し蕎麦は早い時間にいただいて、遅くには眠ってしまうのが常でした。 小さい頃はそれでもよかったのですが、大きくなるにつれ深夜まで見たいテレビがあったり、友達と弐年参りにいってみたかったり、誘惑は多くなっていきます。
ある年、どうしても年越しでテレビを見たかった私は、一人で23時過ぎまでおきていました。 親には24時までに寝るように言われていましたが、風習なんて信じていなかったので大丈夫だと思っていました。 テレビを見ながら、PHSで私は時報を聞いていました。テレビの中でもカウントダウンをしていました。 私は初めての夜更かしでどきどきしていました。『23時59分40秒をお知らせします・・・・・・50秒をお知らせします・・・・』時報が50秒をお知らせしますと告げた時、急にリモコンに触っていないのにテレビが消えました。 その時、私は自分の姿がブラウン管に映ったのを見ました。 反射的に目を閉じると、時報が0時を告げました。 0時が過ぎると何事もなかったかのようにテレビがふっとつきました。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5813624&name
   恐怖箱アンテナトップページへ
洒落怖・怪談・オカルト・ホラーの話題が沢山。