バスに乗って美術館

5pt   2017-06-16 02:00
2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

368 :本当にあった怖い名無し:2011/04/04(月) 13:04:40.02 ID:20/6EB1vO俺がまだ小学生の頃だったと思う。多分、3、4年生だった。 校外学習だったかなんだかで、バスに乗って美術館に行った。 美術館について一通り順路を回った後、指定された時間まで各々自由に見て回って良いと言われたので、仲の良い友人数人(確か自分含めて4人ぐらい)で回ることにした。 
最初の内は楽しかったんだけど、俺は正直途中で飽きてきて、「早く帰りてー」なんて言ってた。他の奴らも大体同じみたいで、お互い帰りたい帰りたい言い合ってた。 だけど友人の一人、Aと書くことにするが、そいつだけは真面目に絵を見てた。 何だかんだ言っても美術館から出ることは出来ないし、みんなしてAの見たい所をついて回る形になってた。 
俺達がだべりながらなんとなく絵を見てたら、Aが立ち止まって動かなくなった。それまでは立ち止まってもまたすぐに歩き出して、他の絵の所に行ってたのに。 確か、なんとかの烏ってタイトルだったと思う。烏って部分だけ覚えてたのは、その時は烏って字が読めなかったって言うのと、(友人の一人が読み方を知っていて教えてくれた)その絵に烏が描かれていなかったから。 そりゃ絵のタイトルに入ってるものが、必ずしも絵にそのまま描かれている訳ではないと思う。だけど、その絵は明らかにおかしかった。風景画みたいに湖とその周りの景色が描かれている端っこに、奇妙なものが描かれている。 一本の木から紐のようなもので吊されている、黒いもの。何なのかははっきりしないけど、なんとなく人の形をしてるようにも見えた。少なくとも烏には見えなかった。 
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5813624&name
   恐怖箱アンテナトップページへ
洒落怖・怪談・オカルト・ホラーの話題が沢山。