空に憧れて 空をかけていく

4pt   2017-06-14 19:21
都市伝説・・・奇憚・・・blog

514:本当にあった怖い名無し[sage]:2005/05/21(土)23:08:39ID:G5b9TS8L0
多分2歳から3歳の頃。
飛行機が近所に下りた。公園にいた子供がみんな追いかけた。
よく見るトムキャットやファントムじゃなくてプロペラでもっと小さい飛行機だった。
コクピットのお兄さんが手を振って笑ってくれた。
フェンスによじ登って見送った。
みんなで手を振っていなくなった後もそのへんにいた。

そうしたら当時小学生の姉が走ってきて
「なんで急にいなくなるの」
とおこられた。
お昼くらいの時間でジリジリと暑かったのに夕方で涼しくなってた。

中学生位になってその場所に行ったけど戦闘機が下りられるような場所じゃなかった。
普通の住宅街の道だし下り坂だし。

あのとき飛行機を追いかけたのは自分と同じ年くらいの子ばっかりだった。

パイロットの人がちょっと手を振ってくれたこととそのあとずっとまっすぐ前を見ていたこと白いマフラーをしていたのも覚えてる。
前を通りすぎたこととか。

でも、どういなくなったのかは覚えていない。
当然姉は
「そんなのいなかった」
といっている。



引用元:不可解な体験・謎な話 ~enigma~ PART 26
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1114330679/514




.
   恐怖箱アンテナトップページへ
洒落怖・怪談・オカルト・ホラーの話題が沢山。