無題

1pt   2017-05-19 14:58
都市伝説・・・奇憚・・・blog

835:本当にあった怖い名無し:2005/04/19(火)22:32:50ID:2OqI+cwSO
ある夜の話、TSUTAYAに返却しなくてはならないのが、今日までだと気付いた時既に12時を過ぎていた

金があまりなかった私は延滞金を払いたくなかったので自転車で急いで返しにいった。
その帰り道、家のすぐ目の前の横断歩道の前で信号待ちをしていた。

ここを渡ればもう家に着くといった場所で横断歩道を挟んだ反対側に見たことがある姿が見えたのでよく見てみると赤キャップに上がトリコロールのジャージ、下がGパンまさにしょっちゅう遊んでいる近所の友達の姿だった。

しかし暗くて顔が見えないため確信がもてなかったので私は声はかけないでじっと道の反対側から見つめていたら、

その人が『やばいよ!やばいって…』と、歩きながらもこちらを見て大声をだした。
友達の声だったが意味がわからなかったので返事はしなかった
そして信号が青に変わってからすぐ自転車で追いかけたが国道沿いの一本道なのに、姿が消えていた…

その消えた辺りの場所で
『おい!』
と誰かに声をかけられたので辺りを見回したのだが誰もいない、とても怖くなったので遠回りして帰った。

すぐにその友達に電話で確認してみると家を出ていないと言われゾッとした。
私が見たのは友達のドッペルゲンガーというやつなのかそれに一体やばいって何がやばいのかかなり謎である……。


 
引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part25
http://mimizun.com/log/2ch/occult/1112146146/835




.
   恐怖箱アンテナトップページへ
洒落怖・怪談・オカルト・ホラーの話題が沢山。