目をこらそうとしたら、祖父が 「見るな!見るな!」 と言ったので顔を伏せていた。

1pt   2017-10-09 19:33
都市伝説・・・奇憚・・・blog

202:可愛い奥様[]投稿日:2012/02/11(土)21:53:33.63ID:xLjusGUF0
祖母の昔の話。
東海地方出身なんだけど、戦前東京に住んでいたことがあったそうな。

ある夜に、国分寺という寺の前を祖父と一緒に通った時、燃える火の車のようなものが凄い勢いで走りでてくるのを見たそうな。

何かははっきりわからないので目をこらそうとしたら、祖父が
「見るな!見るな!」
と言ったので顔を伏せていた。
結局何かはよくわからなかったけど、物凄く嫌な感じがしたらしい。

祖母が見た物はなんだったんだろう。
祖父は戦死したので話も聞けないし。
怖くなくてごめん。
でもその話を聞いた時、とても怖かったんだ…



203:可愛い奥様[]投稿日:2012/02/11(土)22:01:42.09ID:AglElUbcO
そんな妖怪いたよね?
名前忘れてしまったけど、昔持ってた水木しげるの妖怪図鑑で見た気がする。



204:可愛い奥様[]投稿日:2012/02/11(土)22:02:32.45ID:ws2TC0h+0
妖怪火車です
火車、化車(かしゃ)は、悪行を積み重ねた末に死んだ者の亡骸を奪うとされる日本の妖怪[1][2]。
葬式や墓場から死体を奪う妖怪とされ、伝承地は特定されておらず、全国に事例がある[1]。正体は猫の妖怪とされることが多く、年老いた猫がこの妖怪に変化するとも言われ、猫又が正体だともいう[1][3]。
昔話「猫檀家」などでも火車の話があり、播磨国(現・兵庫県)でも山崎町(現・宍粟市)牧谷の「火車婆」に類話がある[2]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/火車


206:可愛い奥様[]投稿日:2012/02/11(土)22:13:26.28ID:g/t+wgfE0
片輪車?



212:可愛い奥様[]投稿日:2012/02/12(日)01:42:58.63ID:3SzoDKymO
>>202
片輪車ね。>>206さんに同意。
片輪車(かたわぐるま)は、江戸時代の怪談などの古書に見られる日本の妖怪。炎に包まれた片輪のみの牛車が美女または恐ろしい男を乗せて走り、姿を見たものを祟るとされる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/片輪車



引用元:【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】50
https://www.logsoku.com/r/2ch.net/ms/1327334783/202-212




.
   恐怖箱アンテナトップページへ
洒落怖・怪談・オカルト・ホラーの話題が沢山。