ナベやん。その4

1pt   2017-10-08 18:00
怖い話 | 人から聞いた怖い話

 私の友人でナベやんという男がいる。
 付き合いはもう十年以上にもなるが、彼ほど恐怖譚に恵まれている人間を私は知らない。
 無論嘘はついていない。
 私が怖い話を集めるよりも遥か以前の学生時代より、彼は死にそうな体験談を話してくれていた。
 学生時代におふざけで集計した「近いうちに死にそうな人」ランキングにては、他に追随を許さないナンバーワンだった。

 そんなナベやんが帰省したときの話。
「地元でな、猿を見にいこうって話になってん。他にすることが無いんやもん。いや檻に入ってる猿ちゃうよ。とある山にな、猿がぶわーっといるけん、そこ行って車の中から見ようやーって話になって」
 なんとも田舎らしい朴訥な話かと思った。
 深夜、ナベやんの運転で片道一時間を走っていた頃合だった。
「いきなし野ウサギが飛び込んできて……そんなん避けれんやろ? しゃーないって思ったら」
 案の定轢いた。
「まず前輪がゴトン……て乗り上げて、ついで後輪もゴトン……て振動あって」
 車から降りて確認するとすでに息絶え、瞳をあけたままのウサギが横たわっていた。
 毛皮から弾け出た生肉に黒いタイヤ跡があった。
「うわぁ……って思ったんやけど、ほら、猫って轢いても拝むなって言うやろ。知らん? ついてくるから拝んじゃいけんのよ。ほんま知らん? んで、ウサギはどうなんやろなぁって思ったんやけど、まぁええかって話になって」
 死骸はそのままに、再び車を走りださせたという。
 しばらく山中を走った。
 ライトに照らされた道の遠くの方に、小動物ではない大きさの物体が見えた。
 人間? と車内は騒然とした。
 ブレーキを踏んでも間に合わない距離に近づいていた。
 ナベやんは迷った挙句、再び轢くことに決めたという。
 私が「なんで?」と訊くと、こう答えた。
「両手でボクシングポーズとってみ。そんで拳を下に向けて、そう招き猫みたいにしたポーズやな。そんで姿は真っ白や。そいつが、車に向かって一直線に走ってきたんや。ピョン、ピョン、ピョンって軽くジャンプしとって」
 そんな奴は人間やないやろ?
 ナベやんはハンドルを握るポーズをした。右足に力を入れる。
 衝撃はなかった。
 車に直撃する寸前、ヘッドライトに照らされたソレが視認できた。
「真っ暗な闇んなかに、ぽっかり浮かんで、恨みがましくこっちを見おろす血走った真っ赤な目」
 反射的にブレーキを踏んだ。
 しかし車を降りて確認したが、ナベやんが予想した通り何もいなかったという。
「やっぱあかんね、って話になって、ウサギ轢いた場所に戻って埋めて拝んだよ。ごめんごめんごめんなさいって……」
 もしかしたら憑いてきとったかもしれんけど、車、ダチのやつやったけんその後はわからん。

 愛媛県某所での話である。

   恐怖箱アンテナトップページへ
洒落怖・怪談・オカルト・ホラーの話題が沢山。